2006年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  スポンサー広告  | Top↑
「げんしけん」おつかれさま!
2006.05.26 (Fri)
《「げんしけん」おつかれさま!》

ヤマカムさんの記事で気がつきました
「げんしけん」連載終了
(ネタバレ注意)

コミック派である当方は毎回新刊が楽しみだったのですが、次巻で完結かと思うと物悲しいですね。
たまに読み返すのも嫌になるくらいリアルなオタク漫画ですが、コレを期に読み返したいと思います。

「げんしけん」
という漫画はオタクの大学生活を表現した漫画だ。
主人公は「脱!一般人」と、オタクへの第一歩を踏み出し、“現視研研究会”略してげんしけんに入会することとなる。
この漫画の特筆すべき部分は、オタク漫画だけど、オタク向けに描かれていないということだ。
電車男のイメージをオタクと認識してしまった友人などに、是非進めておきたいのがこの漫画である。




[げんしけん 腐女子側としては]

最も驚くべきところは、腐女子の性質と特性、リミットブレイクの領域をよくわかっていらっしゃいます。
また、腐女子の心をあまりに上手く描きすぎた為、のちに腐女子フラグが発生するとは作者も思いもよらなかったでしょう。
実は漫画内で腐女子の荻上さんが、げんしけん部員をかけあわせて萌えてしまうというエピソードがあるのですが、このエピソードにより、リアル同人界で笹×斑(斑×笹)萌えが普及。

腐女子の世界では原作内のキャラクターに萌えて妄想した腐女子によってカップリング(以後CP)が発生する。→CPが発生したら本が出る。
これは当然の連鎖なのですが、この後に続くのが
「同人誌を見てハマった」
という第二次爆撃
原作ではストーリーを進める為にキャラクターがその話で適材適所の位置に置かれる。一瞬の魅力に読み手は惹かれるわけだが、同人誌の場合
「本当にこのキャラメイン」で愛情も精一杯詰め込まれて輝いている。
それを読んでハマる例は決して少なくはなく、CPに落ちる要素としては50%を占めているのではないかと当方等は思うのだ。




今回、げんしけんの場合、
荻上が第二次爆撃を原作内で発生させてしまったため
げんしけん、腐女子萌えが一部で急上昇。
猫斑目などは基本中の基本(と当方は思っとりますが)



さて、うっかり話がそれましたが、げんしけんは大学生オタク編青春漫画です。
興味をもたれた方はコミックの完結も間近、永遠のバイブルとしてお持ちになられるのもよろしいのではないでしょうか?



スポンサーサイト
【記事編集】 |  未分類  | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。