2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  スポンサー広告  | Top↑
ニュース・雑記
2006.06.20 (Tue)
ここのところ更新が滞り気味で申し訳ない。
今月一杯はこの調子になりそうです。
来月から通常運営の予定です。

8月夏コミ予定ですが、
ゲームの方の予定が冬に延びそうですorz
一応何らかの形で何か出すかとは思いますが、やはり7月になるまで
明確にはできないので今しばらくおまちくださいませー。

---------------------------------------------------------
《ニュース・雑記》
ニュースサイトさんの情報から自分ごのみなのだけピックアップ

ネット活動をしていく上で感心したツール・サービス かーずSPさん情報源)
実は上記の内容はほとんど活用していない当方です。次回から色々と活用させてもらおう。
唯一使っていたのはオートランカー。右クリック一つで



逆転裁判4 ついに主人公発表
逆転裁判は1の頃からリアルタイムで遊び、面白さを伝える為に覚えたてのFLASHで逆転裁判FLASHを作り続けてきました。
当方の成長は逆転裁判と共にあったので実に感慨深いです(実に勝手に一方的に)

さて、新キャラクター・・・いや、新主人公の「おどろき」くん。
また地味な・・・しかもまたよくわからない頭を・・・と思いますが、逆転裁判シリーズはいつだって「御剣を越える検事は居ない」とか言われつつも、超える超えないは関係ナシに実に魅力的な検事を輩出し続けてきました。
特に3では流石の当方も「カルマの娘の後にインパクトのある検事なんてそうそう・・・・・居た!?」
と思わず呑みかけのコーヒーも噴出してしまうほどに驚愕した「ゴトー」検事。
ゴトーのテーマソングを背に、放つ言葉は甘く苦いコーヒーの味。
「俺に惚れちゃ・・・いけねぇぜ?」というどうしようもないセリフ本気でかっこよく見えてしまうのは、ゴトー検事の魅力ありつつ逆転裁判という舞台が見せる夢、まぼろし、そこに隠された真実

さて、本気で何を言ってるのかわからなくなってきたので話を戻しますと、「これ以上のキャラクターは居ない!」と思っていても出してくるのがカプコン、そして逆転裁判。
「成歩道じゃなきゃいや!いやなの!」と言いたい気持ちも確かにわかります、実にわかりますが、成歩道と肩を並べれるくらいの勢いの主人公であることへの期待感も相当高く、色々と楽しみなことこの上ありません。

ただ、ガンダムディスティニーのような
可愛そうな主人公になってしまわないことだけを切に願います。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  ニュース・雑記  | コメント(0) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。