2006年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  スポンサー広告  | Top↑
ニュース・雑記/拍手返し
2006.06.23 (Fri)
箱庭劇場更新。現在16点。
今回は夏風に。


「ハンター×ハンター貸せ、代わりにいいもの貸してやる」

兄の第一声に「いいものとはなんだ?」
当方のように濃いオタクにはならなかったものの、アニメ開始前からコンビニで販売されていた「鋼の錬金術師」に目をつけるなど、一般とマニアの境界線を上手く渡りきっている(少しうらやましい)兄の「いいもの」に興味惹かれた。
案外、ドラゴンボール愛蔵版かもしれない。それもまた一興。



「スラムダンクだ!」

「イラネ」

「('A`)」


残念ながらスポーツ漫画だけは少女漫画より肌に合わないらしい事実。
---------------------------------------------------
《ニュース・雑記》
ニュースサイトさんの情報から自分ごのみなのだけピックアップ

ペラペラマリオが、2D世界と3D世界で大活躍! 『スーパーペーパーマリオ』
ちょっと古い生地ですが紹介しておきます。
GCは持っているのですが悩むところですね。任天堂のゲームは手軽に持ち歩く、と当方の頭が認識しちゃっているので。
しかし面白そうだなぁ。
巨大ピーチを見ているとどうしてもマイケルファンタジーを思い出して仕方がない。
マイケルファンタジーは本当にファミコンの各ソフトの特徴をつかんでらっしゃる。

*-*-*-*-*-*-*-

あの名作ゲーム『逆転裁判』が漫画化! 脚本にミステリ作家・黒田研二(痕跡症候群さん情報源)
ついにキタコレ。
逆転裁判はシステムの雰囲気もありますが、シナリオさんの的確なキャラクターのボケとツッコミが最も生かされている素晴らしい持ち味と不意をつかれるミステリーが交差するゲーム。
ミステリーとして棚を上げるとどうなるだろうか?
それよりもヤンマガなのかよ!
どんな濃い現実が待っているんだ・・・!??!
作画は前川かずお先生。当方がまだヤンマガを読んでいた時代に確かに連載してらっしゃった漫画は「闘破蛇烈伝DEI48」第一話目からハブの紋章が女がゴシカァン!妙なインパクトに一話だけ拝読した今でも覚えている衝撃
ともあれ、DEI48を当方が見た頃からだいぶ時もたっており、絵柄もスレンダーに女の子は可愛く。なるほどくんの再現率に期待ができそうな絵柄です。DEI48みたいなノリがでなきゃいいです。
⇒DEI48レビューOHPさん)
全1巻とかいてるが本当は11巻まででてます
DEI48が全一巻、その後「闘破蛇烈伝DEI48」が11まで出ていたようです。ご指摘ありがとうございます!


⇒黒田健二先生のHP
シナリオの黒田先生のHP
6/16の日記を見ると1~3のキャラクターをメインとしたエピソードのようですね。このゲーム自体3で全て完結しているので、どんなお話になるのかが楽しみです。

⇒DAY48時間
前川先生のHPです。
前川先生の作品「シュラバカ!」の絵柄で逆転裁判・・・かな?
個人的に狩魔豪をどう描いてくれるのかがスゲー楽しみ。

注:「ズッコケ三人組」の前川かずお先生とは関係ありません。

----------------------------------------------------
《拍手返し》
時間があるときは出来る限り返したい。それが当方の活力。

23:11 こちらのサイトで逆裁を知りそしてハマりました。以来ずっと日参しています。文章の面白さもたまりません!
>逆転裁判発売からもう四年。お互い年も食いました…orz
 そのくせおかしな内容の文章が変わっていない自分です。

0:11 てっぺんのアニメのとくに「ひゅろいブラハあたまなでなで秋の庭」が楽しみでかわいくて大好きです。月見も
>ぶらはナデナデ秋の陣(違)秋の時は確かヒュロイオンリーが
 終わった後の勢いで作ったのでそのまま垂れ流されています。

2:13 なんとなく、テイルズの話題が出るとは思っていなかったのでびっくりしました。ほんのり嬉しいです(笑)
>ティルズはディスティニーのみプレイしております。
 爽快な戦闘システムがとても好きでああいうの作りたいなぁって思うですよ。
スポンサーサイト
【記事編集】 |  ニュース・雑記  | コメント(2) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。