2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  スポンサー広告  | Top↑
たまには雑記しかない雑記でも。
2008.07.17 (Thu)
たまには雑記しかない雑記でも。本日の更新はお休みして
夏休みに遊んでいただきたいとても一版向きではないというか、当方のサイトに来る
人でこのゲームを遊んでみようと思う人はどれだけいるのかしりませんが
定期的に紹介しているのでしときます。



私が愛するTOPゲームベストの中に確実に入ってくるのが
幻想水滸伝と逆転裁判なのですが、それにあと一点加えるとすると
Gダライアスになります。

シューティングが苦手で反射神経も弱い当方が
あのゲームにハマったキッカケは
なんといっても演出。
ボスが登場するときのかっこよさはシューティング内では
ダライアスシリーズの他にはないと言い放ってしまうほどです。

タイトーはスクエニに吸収されてしまったのでダライアスの復活は
もうないのだろうなぁと肩を落としておりますが、
あのゲームセンターの熱気が熱かったころに、ダライアスシリーズで
一番新しい(あえてラストとはいわない)『Gダライアス』にリアルタイムでめぐり合えたことは
本当に幸運だったと思います。

さて、当方がGダライアスにハマっているキッカケといえば色々ありますが、
まず曲のじわじわくるテンションのうねり。
ボスの演出もさることながら、通常プレイ画面の背景演出もゾクゾクとくるものがあります。
そして、敵をキャプチャできる能力。

キャプチャした雑魚敵にはそれぞれの攻撃の特徴がある。
また、キャプチャした雑魚をエネルギー砲(αビーム)に変換orボムとして再利用可能。
敵の放ってくるβビームとαビームを激突させて吸収して二倍の攻撃力に仕立て上げる
システムもこのゲームならでわの「熱さ」ともいえる。
また、1面をクリアするごとにルート変更ができ、攻めたいステージへの攻略の変動が楽しい。
ルート変更はダライアスシリーズの華?

現在GダライアスはPS版、タイトーメモリーズ下巻でPS2版が出ている。
PS版は処理オチがひどいけどその分弾が遅いので初心者向け。中古でも探しやすいだろう。
下巻は処理オチゼロで上級者向け。
なんせ、当時のアーケードでも処理オチしていたくらいなのだから、
ゲームの新化というものはものすごい速さなのだなと改めて実感する。

ちなみに当時、Gダライアスのためにデュアルショックコントローラーを買ったよ。
当時出始めだったもんなぁ。

ちょっと気になった人はこちら

ダライアスの良いとことを詰めた映像が凝縮されているのでBGMというよりMADに近い。
超巨大魚軍型戦艦(なんか名称あったよね?なんだっけ)を体感していただきたい。

Gダライアス ウィキペディア

ちなみに上巻には前作の「ダライアス外伝」が収録されている。
こちらはドット絵最高潮の時代だったので、さらに深い人はこちらもオススメ。
キャプチャシステムはないが、ダライアス特有の魚軍型戦艦の真髄がちりばめられている。
外伝はイカが好きだったなぁ。イカとカニ。あと、キンメダイ!
そのうちこちらも紹介しておきたい。




ああ久しぶりにアーケードでやりたいなぁ
関西で入ってた店はもうなくなっているんですよ。
関西でダライアス情報、関東でもOKです。ありましたら誰か情報ください。
【記事編集】 |  未分類  | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。