2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  スポンサー広告  | Top↑
UOと親父と私2
2009.04.29 (Wed)
0001.jpg

《UOと親父と私2》
61歳の父のUO生活をちょっとだけお知らせしつつUOを他のs無。

父の好きなゲームはFF4
お気に入りはFEのドーガ

⇒UOと親父と私

【More・・・】

さて、トップ画像にもあるように、土地にいきなり毛利の家紋を描きました。
うれしさのあまり自重しませんでした。

何故わたくしがいきなり土地をゲットできていたかと申しますと、
ある日突然の父からの呼び出しにあります。

原稿も入稿してのらりくらりと家で荷造り作業をしていたとき
父から電話
「今家にいるなら今すぐ来い」
『実家ですか、オンラインですか』
「オンラインです」


ネット上の親孝行。すぐさま準備をして親父の家へリコールで駆けつけます。
なんでも渡したいものがあるとか。なんぞ???



父はいつものように家主の魔法使いさんの姿で登場。
家主
※名前は消しました

唐突にカバンを渡されて戸惑いながら中を覗くと…
0002.jpg
ちょww親父小切手wwww

*UOにおける価値観*
・初期モンスターからもらえるお金=30~50円
・初心者脱出したくらいのモンスター=100~220円
・羊の毛を剥ぐ⇒綿から糸へ⇒糸から布へ⇒町の店員に売る=100円

わたくしが家を建てる目的でUOをやっているのを知っていたので、
これで家が買えるでしょ、と合計20万分の小切手をくれました。
はて、親父は確か全財産が20万あとかいってたような…いやいやいや!

かせぐ
「すぐ かせぐ から いい」
相変わらず片言のメッセージで返されてしましました。

と、申しますのも父はオンラインスキルはあってもタイピングスキルが、ディアブロ時代からほとんど進歩していないのです。
そもそもディアブロ(※)なんかはオンライン上にいるのに何故かソロプレイ。
オンラインどうこうよりディアブロというゲームそのものが好きだったようです。

※ゲームのチャットでプレイ仲間を募り、パスワードを与えて部屋を作って2~8名で迷宮にもぐるのが基本スタイル。バトルとアイテム収集の往復。父はオンライン上でこっそり部屋を作り、一人でそこにもぐる日々だった。


そんな感じで打ち間違いも多いので解読スキルも要請されるさなか、
気持ちはありがたいけど、自給自足が基本のUO!
何とか自分で家を建てたい…と思いましたが、全財産をくれるほど
私に支援をしたいと思ってくれたのでしょう。

ここは親心を半分受け取って10万円頂きました。
これなら2階建ての敷地が十分に買えそうです。


さて、突然おもむろに親父が走り出しました。
タイピングをミスっていたので何を言っていたのか聞き取れませんでしたが。
フェルッカのデシート(※)をパカパカと駆け抜けて後を追いました。

※今はどうだかわかりませんが、昔はPKのアジトも多くPK(犯罪者プレイヤー)の発生率が高い土地だった。

空き地に連れて行かれた。
aaaaaaaaanaui.jpg

どうやら父が昔住んでいた土地らしい。
ナウイのか。
さらに家めぐり、、、、というより、親父が昔住んでいた土地めぐりになっていました。
どこまかしこもデシートでしたが…雪国好きだな!
今の家は玄関が空いている(隣家がない)ので相当お気に入りだそうです。

そういうわけで激しくデシートのいい土地を色々教えていただいたのですが、
なんにせよ雪国寒い!フェルッカ怖い!
家の建て方だけ教えてもらって雪国を後にした。

ついでに乗り物をねだっったら馬を調教しにいってくれました。
meanori.jpg
2人目のキャラはメア乗りのテイマー(※)です

※テイマーとは生き物調教師、生き物をペットにしたりできます。
無論ドラゴンも…。メア=ナイトメアという軍馬。口から炎を吐き、洞窟の奥深くに生息。強い。



さて、資金もあることだし、悩みに悩んだ末にここにしました。

0001.jpg

実は以前にヘイブンの町をウロウロしていたら、通りすがりのニワトリの人が
よくしてくださって、空き地の記録超をくださったのです。
ニワトリ先輩ありがとうございました!
一応周辺も色々走ってみたのですが、一番よかったのがここだったというわけで。

次回は家の建築!
ではまた!
【記事編集】 |  未分類  | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。